体験・取材記事

プログリットで実践されているシャドーイング方法【受講者が解説】

プログリットで実践されているシャドーイング方法【受講者が解説】
30代男性
30代男性
PROGRIT(プログリット)の英語学習方法の中で「シャドーイング」を行うトレーニングがあるみたいだけど、どうやって行うんだろう?何か独自のやり方があるのか気になるな!
ショーン
ショーン
こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、各スクールで取材・インタビューをしています。

この記事では、PROGRIT(プログリット)で実践されている英語学習方法の1つである「シャドーイング」について、僕が受講した経験を元にその内容を解説をしていきます。

シャドーイングとは?

英語音声を聴きながら、それと同じ音を少し遅れて発音するトレーニングのこと。シャドー(影)にように遅れてくることからシャドーイングと呼ばれています。

プログリットでは忙しいビジネスパーソンのために、「英単語」「英文法」「リスニング」「スピーキング」など、個々の弱点を克服するために無駄のない英語学習内容を提供。

そして、英語学習の中でも特に肝となる「シャドーイング」について今回はお伝えしていきます。

シャドーイングは、英語のリスニング・スピーキング力の向上にかなり効果的であることがわかっているので、この学習方法自体が有名になりつつあるのですが「効果的なシャドーイング方法」を使っている人はまだまだ少ないです。

というのもシャドーイングには種類やコツがあるので、しっかりと理解した上で行なう必要があり、やみくもに上辺の情報だけでやってみてもあまり意味がないのです。

僕自身、プログリットでコンサルティングを受講するまでは全く無知でしたが、実際にトレーニングを行なってみて、シャドーイングに関して理解を深めることができました。

そこで、今回はプログリットの英語学習方法である「シャドーイング」について以下のテーマに分けてお伝えしていこうと思います。

これを見るだけでも効果的に自己学習を行えますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

この記事で学べる事
  • シャドーイングを行う目的
  • 2パターンのシャドーイング
  • シャドーイングを効果的に行う4つのステップ
  • シャドテンの情報
  • プログリットのスクール情報
  • 無料体験コンサルティングの情報

プログリットではシャドーイングを添削してくれるサービス「シャドテン」を提供しています。気になる方は以下の記事をチェックしてみましょう!

プログリットの月額制サービス「シャドテン」とは?【体験してみた】
「シャドテン」で英語力の底上げは可能?サービス解説!【体験レポ】 今回は、英語コーチングで有名な「PROGRIT(プログリット)」が、1日30分から始められるシャドーイング添削をメインにした「シ...

プログリットでシャドーイングを行う目的について【どんな効果がある?】

プログリットでシャドーイングを行う目的について【どんな効果がある?】効果的に英語学習を行うためには、いきなりシャドーイングを始めるのではなく、「シャドーイングを行う目的」についてしっかり理解しておくことが大事です。

プログリットでもシャドーイングは英語学習において重要なトレーニングになりますが「そもそもでなぜシャドーイングを行うのか」根本的な理由が気になる方もいるかと思います。

なぜシャドーイングを行うのか、その理由はスバリ「リスニングスキルを上げるため」です。

僕自身、プログリットのコンサルティングでシャドイーイングについて学びましたが、英文が聞き取れるようになるには2つのステップがあると言われており 「①音声知覚」→「②意味理解」というプロセスに沿って行われます。

英語が聞けるようになる2つのステップ
  1. 音声知覚
  2. 意味理解

①音声知覚とは、「英語の音声を聞いてどのような単語なのか知覚するステップ」になります。

例えば、英会話のやりとりの中で「ァナッポウ」という音声が聞こえてきて「この音はan appleと言っているな。」と知覚(音を正確にキャッチ)できていれば、それは音声知覚ができているということになります。

というのも、英語には様々な音のルールが存在しておりある条件になると音が連結したり、消失したりするのです。

今回の「ァナッポウ」は「an」と「appleのa」が連結しているので「アナ」と聞こえるようになり、結果としてそのような発音に聞こえます。

音声知覚とは、そのような音の連結や消失を理解するためのステップになるのですね。

また、②意味理解とは、「音声知覚した単語が、文章全体でどのような意味なのかを理解するステップ」のことです。

上記の例で説明すると、「an apple」という単語の意味=「りんご」「赤くて丸いフルーツ」という意味を理解できれば、意味理解も出来ているということになります。

パッと「an apple」を聞いてリンゴをイメージできればそれは意味理解ができているということですね。

そして「この2つのステップのどちらでつまづいているのか?」をしっかりと理解し対処法を見つけ出すことで、自身の英語課題の把握・改善方法へと繋がって行きます。

プログリットでシャドーイングを行う目的:音声知覚それでは、次に問題ですが「シャドーイングのトレーニングはどちらのプロセスに効果的」なのでしょうか?

その答えは「音声知覚」です。

音声知覚に課題を抱えている人の特徴としては、リスニングをしている時に音声知覚に集中し過ぎていて意味理解に時間を割いて考えることができていません。

要は、脳を音声情報を処理することに使いすぎて、意味の理解まで追いついていないという状況です。音を拾うことで精一杯になってしまい、単体ではその意味を理解できても文章としての意味合いはよくわからないのです。

僕も留学中にそのような「音声知覚ができていない」経験をたくさんしてきましたが、無意識に音声知覚できる英語の量が増えてきて克服してくると、急に英会話に余裕が生まれてきます。

これは、脳が自然と音声の処理をするようになったので、意味の理解に集中できるようになるからなんですね。

例えば、「I have been to U.S.(私はアメリカに行ったことがあります。」という文章を、留学前は「ハブビーントゥ…have been toは現在過去だから〜」という感じで、英文法の意味がはじめに出てきてしまい、返答の速度が遅くなりがちでした。

しかし、留学して上記の音声をたくさん聞き慣れることで「I have been to U.S.」を「アメリカに行ったことあるのか。」と瞬間的に理解できるまでになりました。これは、音声知覚ができるようになり、意味理解までがスムーズに脳の中で完成したからです。

留学をすれば嫌でも英語に触れる環境を作ることができますが、自己学習を行う場合は「シャドーイング」を行うことで、確実に今まで聞き取れなかった英単語や英文が聞けるようになります。

そして、どんどん音声知覚に慣れてくると、必然的に「意味理解」にフォーカスできるようになるので、リスニング力を大幅に向上させることが可能です。

まとめると、シャドーイングのトレーニングは「音声知覚」をできるようにするためにも必要不可欠ということなんですね。

PROGRITの公式サイトをチェック!

プログリットでは2パターンのシャドーイングを使い分ける

プログリットでは2パターンのシャドーイングを使い分けるプログリットで提案しているシャドーイングの方法は大きく分けて以下の2つになります。

英語レベルによって変わってくるかと思うので、どちらで始めるか決めるためにもチェックしましょう。

プロソディシャドーイング

意味理解には意識を向けずに、聞こえた英語の音声を正確に素早く復唱するシャドーイング方法。英語初心者向け。

コンテンツシャドーイング

意味理解に意識を向け、内容をイメージしながら英語の音声を復唱していくシャドーイング。同時通訳者の訓練でも使われている。

コンテンツシャドーイングはプロソディシャドーイングに比べてより高い英語の処理能力が必要になりますが、簡単な英文をチョイスすることで両方のシャドーイングを行うことも可能。

音声知覚に慣れていない時期は「プロソディシャドーイング」から行うようにしましょう。

詳しくシャドーイングの種類について知りたい方は以下の記事もチェック!

効果的な学習方法「シャドーイング」の種類とは?【プロソディなど】
効果的な学習方法「シャドーイング」の種類とは?【プロソディなど】 ここでは、英語力を高める学習トレーニングとして有名な「シャドーイング」についてその種類をお伝えしていきます。 ...

プリグリットオリジナル!シャドーイングを効果的に行う4つのステップ

プリグリットオリジナル!シャドーイングを効果的に行う4つのステップここからは、プログリットが推奨するシャドーイングを効果的に行うための4ステップをお伝えしていきます。

僕もこの順序に沿って行い、効果的な英語学習ができたのでぜひ参考にしてください。

ちなみにトレーニング時に使う教材(リスニング音源)はプログリットの場合は「TED」や「TOEIC」を用いた音源を使用しています。

プログリットで使われるTEDの教材※TEDは様々な分野のエキスパートが、プレゼンテーションを行なっている動画です。日本語字幕も付いているものもあり、リスニング教材としては使いやすく英語学習者から多くの人気を集めています。

以下でシャドーイングの流れについて解説をしていきます。

ステップ①〜④
  • STEP①:音声を聞いて全体的な意味を理解する
  • STEP②:音の変化をチェックする
  • STEP③:オーバラッピングする
  • STEP④:シャドーイング開始!

STEP①:音声を聞いて全体的な意味を理解する

まずは、使用する音声を数回聞いて、スクリプトを確認しながらわからない単語や英文法を確認・理解します。

この際、日本語訳があれば見ても良いですし、わからない部分をクリアにすることを目的に全体的な文章の意味も把握している状態にしましょう。

STEP②:音の変化をチェックする

次に、音声をそのままのスピードで聞き取れるようにするために「音の変化」をチェックしていきます。

音の変化とは?

英語ネイティブの人が自然な速度で話すときに起こる発音の変化のこと。

音のルールは複数存在しているので、まずは基本の形(音の連結・消失など)を理解できるようにし、スクリプトにチェックを入れていきます。

特に、リスニングが苦手だと感じている人にとっては、この音の変化を抑えることで苦手を改善することが可能。

この音の変化チェックを1つのスクリプトを使い何度も繰り返し意識しながら取り組むことはシャドーイングを行う上で避けては通れない重要なトレーニングになります。

スクリプトが長ければその分、音の変化も多くなるので1日で全てチェックしようとは思わないのがポイント。10分であればそのように時間を区切り音のルールを確認して行くという流れが良いでしょう。

STEP③:オーバラッピングする

音の変化をチェックしたら、次に「オーバーラッピング」を行います。

オーバーラッピングとは?

スクリプトを見ながら、録音音声と全く同じタイミングで発声していくトレーニング方法。

音読して理解しているのと、実際に口に出して音声と同じスピードで言えるのかでは大きな違いがあります。

僕も、頭では完璧にスクリプトを理解していた内容もいざ発話してみると追いつかない部分があり、音読を繰り返し行いました。

音読している最中に気をつけておきたいポイントとしては「自分が言えない部分」をチェックすることと「音の強弱」などにも意識を向けて「音声と同じように言えているか?」などを確認していきます。

最初は、音声のスピードに追いつくのが難しいと感じると思いますが、何度も音読練習をして慣れていくことでシャドーイングが楽になってきます。

STEP④:シャドーイング開始!

ここでようやく本来のシャドーイングを開始します。

シャドーイングをする際のポイントは、英語訳・日本語訳含めスクリプトを見ずに音声だけに集中してトレーニングしていくこと。

しっかりと上記の3ステップを踏んだ上でシャドーイングを行えば、すでにそのスクリプトの意味や発音、音のルールまでも理解している状態ですので難しくはありません。

シャドーイングはとにかく何度も繰り返しトレーニングすることが大切で、余裕が出てきたらその英文の描写を明確にイメージするように意識を向けましょう。

例えば「オフィス内で上司に呼ばれているシーン」であれば「どんなオフィスか(内装や広さなど)」「どんな上司か(男性か女性かなど)」までイメージすることでより英文理解が深まります。

とはいえ、もちろん最初はシャドーイングが難しいと感じる箇所もあるかと思うので、精度高く復唱できるようになるまでは上記の3ステップを思い出しながら行うのが良いでしょう。

PROGRITの公式サイトをチェック!

プログリットのシャドーイングはこんな人に効果的

プログリットのシャドーイングはこんな人に効果的実際に僕自身がプログリットのシャドーイングを行なってみて感じたことは「リスニングに苦手意識のある人」であれば英語レベル関係なくどなたでもおすすめできるトレーニングだということです。

シャドーイング自体は「音声の後に続いて発話すればOK」というように一見簡単そうに思えます。

ですが、それを行うための下準備とシャドーイングで意識していくポイントをしっかり理解した上で英語学習を行うことが重要で、それを知っているか知らないかでは上達のスピード感が変わってきます。

通常のシャドーイング学習は、英語力がある程度ある方に使える学習法なのですが、プログリットの場合は「コンサルタントのサポート力」が高いので、英語初心者でも難しいと感じずに学び進めることができるでしょう。

すでに、プログリットでは1万人以上の受講生が英語力を伸ばしているので、リスニングを鍛えるのであればプログリットは間違いなしの英語コーチングスクールですね。

PROGRITの公式サイトをチェック!

プログリットが提供するシャドーイングサービスを紹介【シャドテン】

プログリットのシャドーイングは非常に効果があることはこれまでの記事の中から理解できたかと思いますが、それでも「自分一人で自己学習するには不安がある…」という方も中にはいらっしゃるでしょう。

そのような方のためにおすすめなのが、月額で利用することができるプログリットが提供するシャドーイングサービス「シャドテン」です。

シャドテン「シャドテン」は、課題に応じたリスニング音声をシャドーイングし、シャドテン専属の添削者が音声を添削してくれるといったサービス。

※スマホアプリ・パソコンからの使用が可能。

シャドーイングを使った学習方法について熟知している添削者が、各受講生の課題を添削しアドバイスをしてくれます。

また、シャドーイングを効果的に行う方法が体系的に身につけることができるので、受講生は「正しい学習方法」で着実にリスニング力を上げながらトレーニングを繰り返すことが可能です。

入学金 無料
料金 月額:21,800円(税込)
レッスン期間 1ヶ月~

シャドテンは「7日間無料で使用が可能」ですので、シャドーイングを本格的に行いたい方はまず使ってみるのが良いでしょう。

シャドテンの公式サイトをチェック!

プログリットの月額制サービス「シャドテン」とは?【体験してみた】
「シャドテン」で英語力の底上げは可能?サービス解説!【体験レポ】 今回は、英語コーチングで有名な「PROGRIT(プログリット)」が、1日30分から始められるシャドーイング添削をメインにした「シ...

プログリットのスクール情報【コース・料金・校舎・割引情報など】

プログリットのスクール情報【コース・料金・校舎・割引情報など】ここからは、プログリットのスクール情報についてまとめました。

シャドテンはシャドーイング専門のサービスでしたが、プログリットでは様々なコースで「シャドーイング」のトレーニングを基に英語学習を行うことが可能です。

自分の中で決めている費用があれば参考にし、オンラインまたは校舎で受講するかなどイメージしておきましょう!

プログリットのコース・料金情報

ビジネス英会話コース情報
入会金 55,000円(税込)
受講料金 2ヶ月:380,600円(税込)
3ヶ月:544,500円(税込)
6ヶ月:1,069,200円(税込)
12ヶ月:2,112,000円(税込)
支払い方法 銀行振込
クレジットカード払い
※分割可能
コース概要 ビジネスシーンで、英語で議論や交渉ができるようになることを目指すコース

TOEIC L&R TESTコース情報コース情報
入会金 55,000円(税込)
受講料金 2ヶ月:380,600円(税込)
3ヶ月:544,500円(税込)
6ヶ月:1,069,200円(税込)
12ヶ月:2,112,000円(税込)
支払い方法 銀行振込
クレジットカード払い
※分割可能
コース概要 短期間で英語の基礎スキルと目標のTOEICスコアアップを目指すコース

TOEFL iBT TEST/IELTSコース情報
入会金 55,000円(税込)
受講料金 3ヶ月:577,500円(税込)
6ヶ月:1,102,200円(税込)
12ヶ月:2,145,000円(税込)
支払い方法 銀行振込
クレジットカード払い
※分割可能
コース概要 海外大学、海外大学院留学に必要なTOEFL iBT・IELTSのスコアアップを
短期間で目指すコース

プログリットのビジネス英会話コースに関しては、以前体験コンサルティングを受講してきたのでより詳細なカリキュラム内容を知りたい方は以下を参考にしてください。

連載記事①:プログリットに通ってみた【初回カウンセリング編】
連載記事①:プログリットを実際に体験【初回カウンセリング編】 今回は、英語コーチングスクールで有名な「プログリット(PROGRIT)」のパーソナルレッスンを1週間受講させていただきましたので...
プログリットに通えば英語は伸びるの?【口コミ・評判を徹底調査】
プログリットに通えば英語は伸びるの?【口コミ・評判を徹底調査】 プログリット(PROGRIT)で英会話を学ぶ上でこんな疑問についてこの記事では、まとめていきます。 本気で英語を学...

プログリットの校舎情報

関東の教室 有楽町校
新橋校
渋谷校
新宿校
神田秋葉原校
池袋校
六本木校
横浜校
中部の教室 名古屋校
関西の教室 阪急梅田
西梅田
その他 オンライン

プログリットの割引情報

プログリットでは一定条件をクリアした人が「3ヶ月コース」を受講すると「一般教育訓練給付制度」というものが適応され、最大10万円が返金されます。

一般教育訓練給付制度とは?

厚生労働省が2018年1月から始めた制度のことで、活用すると英会話スクールへ支払う受講料の10%(最大10万円まで)が戻ってきます。

入会金 55,000円(税込)
受講料金 2ヶ月:360,800円(税込)
3ヶ月:514,800円(税込)
6ヶ月:983,400円(税込)
その他プラン 12ヶ月
割引 上記の金額から受講料の20%(最大10万円)が支給
支払い方法 銀行振込、クレジットカード払い、分割可能
コース概要 PROGRITの開講コースが全て一般教育訓練給付制度対象

一般教育訓練給付制度が認定される条件に関しては、プログリットの公式サイトにも記載されているのでそちらで確認してください。

PROGRITの公式サイトをチェック!

また、プログリットが現在行っているキャンペーン情報をまとめて知りたい方は以下を参考にしてみてください。

プログリットのキャンペーン・割引情報まとめ!お得に受講しよう!
プログリットのキャンペーン・割引情報まとめ!お得に受講しよう! この記事では、PROGRIT(プログリット)に通おうと検討している方向けに、スクールが提供しているキャンペーン・割引情報をまとめ...

プログリットの無料カウンセリング情報

プログリットの無料カウンセリング情報プログリットでは、入会前にカリキュラム内容を理解してもらうために「無料体験コンサルティング」を提供しており、オンラインまたは校舎で受講が可能。

無料体験コンサルティングの流れ(約90分)
  • 学習カウンセリング:英語学習の経験・目的・現在の学習状況などをヒアリング
  • 英語力チェックテスト:英語の弱点発見を行う
  • フィードバック:弱点を解決するための学習方法をレクチャー

無料体験コンサルティング内でも「シャドーイング」の学習方法やおすすめの参考書籍などの案内をしてもらえるので、まず試してみて今後の学習プランを組み立ててみてはいかがでしょうか。

本気で英語力を上げたい人へ、プログリットは間違いないスクール選びになるかと思います。

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

PROGRITの公式サイトをチェック!

その他、プログリットについて細かくまとめた記事もありますので、気になる方はこちらも参考にしてくださいね。

連載記事
連載記事①:プログリットに通ってみた【初回カウンセリング編】
連載記事①:プログリットを実際に体験【初回カウンセリング編】 今回は、英語コーチングスクールで有名な「プログリット(PROGRIT)」のパーソナルレッスンを1週間受講させていただきましたので...
連載記事②:PROGRITに通ってみた【1~3日目のレビュー】
連載記事②:プログリットを実際に体験【1~3日目のレビュー】 この記事では、英語コーチングスクールで有名な「プログリット(PROGRIT)」のパーソナルレッスンを受講させていただきましたので...
連載記事③:PROGRITに通ってみた【4~6日目のレビュー】
連載記事③:プログリットを実際に体験【4~6日目のレビュー】 この記事では、英語コーチングスクールで有名な「プログリット(PROGRIT)」のパーソナルトレーニングを受講させていただきました...
連載記事④:PROGRITに通ってみた【週の面談カウンセリング】
連載記事④:プログリットを実際に体験【週の面談カウンセリング】 この記事では、著名人を始め様々なビジネスパーソンが受講している英語コーチングスクール「プログリット(PROGRIT)」のパーソナ...
コース・教材について
プログリットのTOEICコースについて【コンサルタントに聞いてみた】
プログリットのTOEICコースについて【コンサルタントに聞いてみた】 この記事では、PROGRIT(プログリット)の「TOEIC L&R TESTコース」についてまとめています。 ...
プログリットのビジネス英会話コース【コンサルタントに聞いた結果】
プログリットのビジネス英会話コース【コンサルタントに聞いた結果】 この記事では、PROGRIT(プログリット)のビジネス英会話コースについてまとめています。 現在、全国の都市部を中...
プログリットのTOEFL・IELTSコース【コンサルタントに聞いてみた】
プログリットのTOEFL・IELTSコース【コンサルタントに聞いてみた】 この記事では、PROGRIT(プログリット)の「TOEFL iBT・IELTSコース」についてまとめています。 最...
プログリットで使われている教材はどんな内容?【学習方法も解説】
プログリットで使われている教材はどんな内容?【学習方法も解説】 この記事では、PROGRIT(プログリット)に通おうと検討している人向けに、実際のプログラムでどのような教材が利用されているかを...
プログリットの他サービスについて
プログリットの月額制サービス「シャドテン」とは?【体験してみた】
「シャドテン」で英語力の底上げは可能?サービス解説!【体験レポ】 今回は、英語コーチングで有名な「PROGRIT(プログリット)」が、1日30分から始められるシャドーイング添削をメインにした「シ...
プログリットの月額制サービス「スピテン」を体験受講!【取材記事】
プログリットの月額制サービス「スピテン」を体験受講!【取材記事】スピテンのサービスは終了いたしました。 現在プログリットでは、シャドーイングを通じてリスニング、スピーキング力を高める「シャドテン...
他スクールとの比較について
プログリットとライザップイングリッシュの違いについて【徹底比較】
プログリットとライザップイングリッシュの違いについて【徹底比較】 今回は、英語コーチングスクールの中でも有名である「プログリット」と「ライザップイングリッシュ」について比較記事でまとめて...
プログリットとイングリッシュカンパニーの違いは?【徹底解説】
プログリットとイングリッシュカンパニーの違いは?【徹底比較】 今回は、英語コーチングスクールでもかなり有名な「プログリット」と「イングリッシュカンパニー」について比較しました。 ...
プログリットとトライズはどっちを選ぶべき?【体験者が徹底比較】 こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。 当サイトEnglish Withを運営しながら...
その他記事
PROGRIT(プログリット)の口コミ・評判【英会話スクール】
PROGRIT(プログリット)の口コミ・評判【英会話スクール】 PROGRIT(プログリット)の特徴 特徴1. 短期集中で英語学習の習慣化が可能 プログリットの特徴1つ目としては、3ヶ月と...
プログリット代表 岡田祥吾氏へ単独インタビュー【会社の本音】
プログリット代表 岡田祥吾氏へ単独インタビュー【会社の本音】 今回は、短期間で英語力を上げることを目的とした英語コーチングスクール「プログリット(PROGRIT)」の代表インタビューと言うこ...
プログリットのオンライン受講とは?【英会話力を上げる方法】
プログリットのオンライン受講とは?【内容を徹底リサーチ】 この記事では、オンラインで受講できるPROGRIT(プログリット)の英語コンサルティング内容についてまとめています。 ...
プログリットで紹介されている本を紹介【英語学習方法がわかる!】
【英語学習2.0】プログリットで紹介されている本を紹介 今回は、PROGRIT(プログリット)の英語学習方法について紹介している書籍「英語学習2.0」について紹介していきます。 ...
PROGRITの受講費用って高いの?【コスパを他のスクールと比較】
プログリットの受講費用って高い?【コスパ・料金を英会話スクールと比較】 この記事ではこんな疑問にお答えします。 プログリットは英語コーチング型のスクールで、短期集中型で英語を学べる結果主...
ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事