オンライン英会話

CAMBLYの英会話レッスンを体験受講してみた!【口コミ・評判】

CAMBLYの英会話レッスンを体験受講してみた!【口コミ・評判】
ネイティブ講師からオンライン英会話が受講できる「CAMBLY(キャンブリー)」で英語学習を始めようか迷っている。どんなレッスン内容が用意されているのか、料金プランなども一緒にまとめて教えて欲しいな〜!
ショーン
ショーン
こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、英会話スクール選びのアドバイザーをしています!

今回は、アメリカ発のオンライン英会話「CAMBLY(キャンブリー)」について、基本情報からレッスンの内容まで徹底解説していきます。

キャンブリーは、英語レベル問わずどなたでも始めやすいオンライン英会話ですが、情報を集めリサーチをして受講してみると「他社のスクールとは違う点がいくつかある」ことがわかりました。

この記事を読んでいる方は、おそらく他のオンライン英会話も比較しつつキャンブリーにも興味のある方が多いかと思います。

そこで、English With編集部がキャンブリーのレッスンを体験してみて他社スクールとの比較を行なってみました。

こんな人におすすめの記事
  • 「他社と比較する上でキャンブリーの基本情報を知りたい」
  • 「キャンブリーではどんなレッスンを受講できるのか教えて欲しい」
  • 「キャンブリーの受講生の口コミを見て検討したい」
ショーン
ショーン
キャンブリーはネイティブ講師とのレッスンがメインになるので、正しい発音で本格的な英語学習が可能です。キャンブリーが自分にとって学びやすいスクールか判断するためにも、この記事を読んで理解を深めていきましょう!

CAMBLY(キャンブリー)ってどんなオンライン英会話スクール?

スクール名 CAMBLY(キャンブリー)
レッスン体系 オンラインレッスン
レッスン料金 2,393円~/月
担当講師 ネイティブ
講師数 1万人以上(業界トップクラス)
レッスン可能時間 24時間
レッスン端末 スマホ・パソコン
支払い方法 クレジットカード
コース内容 日常英会話
ビジネス英会話
自己表現
IELTS など

CAMBLY(キャンブリー)ってどんなオンライン英会話スクール?CAMBLY(キャンブリー)は、24時間好きなタイミングでネイティブ講師との英会話レッスンを受講できるオンライン英会話で、2013年にGoogle出身のエンジニアたちによって創設されました。

講師に空きがあれば予約不要で即座にレッスンを受けることができるのが特徴。特定の講師とレッスンを継続したい場合でも予約をすることで、しっかりと希望の講師を確保することもできるオンライン英会話です。

無料で使用できるオリジナル教材が多い事でも知られており、復習用のコンテンツとして「レッスン内容の録画」を毎回行い自分の発音力やレッスンの振り返りをしながら英語上達を目指すことができます。

CAMBLY(キャンブリー)の教材さすが、元Googleのエンジニアが作ったスクールだけあり、学習者目線で使いやすく作られているオンラインシステムだなと他社と比較しても感じる点です。

キャンブリーの公式サイトをチェック!

CAMBLY(キャンブリー)がおすすめできる3つの特徴

ここからは、キャンブリーが多くの受講生に選ばれている理由を3つの特徴を元にお伝えしていきます。

  1. 予約不要で気軽に英会話レッスンが受講できる
  2. 出身地やアクセントから講師を選べる
  3. レッスン動画を使って復習ができる

順に確認していきましょう!

1. 予約不要で気軽に英会話レッスンが受講できる

キャンブリーが選ばれる最大の特徴とも言える点は何といっても「予約不要でレッスンができる手軽さ」です。

「予約不要でも講師に空きがなければレッスンはできないのでは?」と思う方もいるかと思いますが、キャンブリーではアメリカ・イギリス・オーストラリアなどのネイティブ講師が現地の自宅などでレッスンを提供しているので時差もあり、どの時間帯でもリアルタイムでの受講が可能。

また、キャンブリーでは1万人以上の講師が登録をしているため在籍数も多く、講師は一定以上の空きがある状態を確保しているのです。

1. 予約不要で気軽に英会話レッスンが受講できる上記の写真のように、講師の検索画面をみてみると「オンライン」になっている講師がリストアップされるので「電話する」ボタンを押すとすぐにレッスンをスタートできます。

2. 出身地やアクセントから講師を選べる

キャンブリーでは、毎回のレッスンで異なる講師や教材を選んで学習に取り組むことができます。

先ほど、講師に空きがあれば予約不要で受講可能とお伝えしましたが「事前にレッスン予約をする機能」もしっかり付いているので継続的に同じ講師とのレッスンをお願いすることも可能。

さらに、各講師をプロフィールや出身地など以下の項目から判断できるため、自分との相性が良い、または学習目的に適した講師を見つけることが容易にできます。

講師検索できる項目
  • プロフィール
  • 出身地
  • アクセント
  • 人柄
  • コース
  • レベル

僕の場合ですと「アメリカ出身の講師からアメリカンアクセントでビジネス英語を学びたい」という要望の元「アメリカ」「アメリカンアクセント」「ビジネス英語」で検索。ピンポイントで該当する講師が検索でヒットされます。

さらに、レッスン中に講師に対して何か要望があれば事前にメッセージを送ることができ、1レッスンあたりの時間を短くしたり伸ばしたりと毎回調整することも可能です。

かなり自由度が高いので「今日は仕事が忙しいからレッスンは15分だけにしよう」なんてこともキャンブリーでは実現できるのです。

3. レッスン動画を使って復習ができる

キャンブリーでは、毎回のレッスンで受講した動画と学んだテキストメッセージが一緒に記録されるので、自己学習の際に復習として役に立ちます。

また、テキストを選択すると「その時どんな会話がされていたか」なども動画から確認できるので、始めから再生する必要もありません。

レッスンを受講していく中で「この英語聞き取れなかったな」「この意味は大事だけど忘れそうだな」と思う瞬間は多くあるかと思うので、レッスンの録画機能を上手く使うことでより効果的な英語学習が可能になりますね。

さらに、自分の発音やイントネーションも逐一確認できるのは効果的。実際に音声や動画で自分の声を聞いたことのある方であれば「自分で思っているよりも声が小さかったり低かったり」ということは経験したことがあるのではないでしょうか?

特に英会話においては「発音」や「リズム」なども意識して学ぶことでよりスムーズに相手に伝わりやすい英語を身につけられるのでレッスン動画を使って学習していきましょう。

キャンブリーの公式サイトをチェック!

CAMBLY(キャンブリー)のレッスンを体験!【無料で受講できる】

次に、キャンブリーのレッスンの流れを実際に僕が受講してみて、「無料体験レッスン」の内容から簡単にお伝えいきます。

どのような流れでレッスンが進み、講師と英会話を行うのかここで確認してみましょう。

ステップ①:キャンブリーの無料会員登録

無料体験レッスンはキャンブリーの会員(無料)になるところから始まります。

キャンブリーの公式サイトにいくと「まずは無料トライアルから始めましょう!」というボタンが用意されているのでクリックして無料会員の登録を済ませましょう。

ステップ①:キャンブリーの無料会員登録無料会員登録になると自動的に「15分」講師から英会話レッスンを受講できる権利をもらえるので好きな講師を選択します。

ステップ②:ネイティブ講師を検索してレッスン開始

次にレッスン・講師検索をしていくのですが、写真を見てもらうとわかる通りオンラインの講師が自動的にズラッとリストアップされてきます。

キャンブリー講師リスト各講師のプロフィール欄を見て自分との共通点を探して会話で話してみても良いですし、講師の出身地やアクセントから検索を絞って特定の方を見つけてみるのも良いですね。

自由度高く講師選択ができるのもキャンブリーの利点ですので、自分のお好みで講師を探してみましょう。

また、無料体験レッスンの場合は、写真右下の赤枠をクリックするとすぐに講師とのオンライン画面に移りレッスンがスタートします。

ステップ③:レッスン開始(フリートークか教材を使用)

キャンブリーでは無料会員になると使える教材が閲覧できるので、学びたい内容を事前学習することが可能。僕は「Sports Fitness」という中級者向けの教材を選択しました。

今回はレッスン時間がそこまで長くなかったので、自分の名前と英語を学ぶ目的だけ伝えて早速レッスンを開始。

ステップ③:レッスン開始(フリートークか教材を使用)上記の写真のように、右側が「チャットボックス」左側が「使用する教材」が映し出されスライドの順番に英会話を進めていくという流れで、講師の質問に対して文法や英単語の間違えを指摘してもらいながら進みました。

スライドを参考に講師が質問。

講師
講師
What do you think it is important to worm up and cool down when exercising?(運動する時にウォームアップやクールダウンは必要だと思いますか?)
ショーン
ショーン
I think it prevents injury.(運動は怪我を防いでくれます。)
講師
講師
Okay, you can also say that it mitigates the risk of injurry.(OK。あとはこんな言い方もできるね「運動は怪我のリスクを緩和させる。」)
ショーン
ショーン
I see. It’s sound clear.(なるほど、その方がわかりやすいね。)

僕は、基本的な英単語として「prevent(~を防ぐ)」を使いましたが、講師は「mitigate(~を緩和する)」単語を使うのも良いと教えてくれました。

その他、15分程度の無料体験でしたが1テーマが終わりそうなくらいスムーズに講師が進めてくれたので満足したレッスンを受講できました。

キャンブリーの公式サイトをチェック!

CAMBLY(キャンブリー)を受講してみた感想

キャンブリーのレッスンを受講してみて感じたことは、どの時間程でもリアルタイムにオンラインになっている講師が多く選び放題だなという点です。

スクールによってはコアタイムなどの時間帯に講師の空きがなくレッスン受講ができないというケースも少なくありません。

しかし、キャンブリーではオンライン英会話業界でもトップクラスの講師数を保有していることもあり、講師不足でレッスンができないということにはならなさそうです。

また、オンライン上で講師の顔をみながら教材を閲覧できるのも良いシステムだなと思います。わざわざ画面を動かる必要もなく講師が話している英語や自分が話す内容のみに集中できるので、この辺りも大きなメリットでした。

ただし、講師との相性はどの受講生にもあると思うので、最初は試しに複数名とレッスンを受講してみてお気に入りの講師を見つけて継続的にその人からレッスンを受けることが大事です。

毎回はじめましての講師では、レッスンの進捗も遅れてしまいますしアイスブレイク(お互いの距離を縮めるためのカジュアルトーク)などを行うケースが多いため効率的ではないので、受講する講師は固定することがおすすめですね。

CAMBLY(キャンブリー)を受講している人の口コミや評判は?

CAMBLY(キャンブリー)を受講している人の口コミや評判は?ここからは、実際にキャンブリーで英会話を学んでいる受講生の口コミをまとめてみました。

どんな内容のものが多いのでしょうか?チェックしていきましょう!

ショーン
ショーン
英語学習で有名なYouTuberの「Atsueigoさん」がタイアップしてキャンブリーでレッスン受講しています。

キャンブリーを実際に受講している様子や英語学習に関して有益な情報を配信しているので興味のある方はこちらの動画を見てみましょう。

ショーン
ショーン
オンライン英会話はリーズナブルに受講できるという点から、キャンブリー以外のスクールと並行してレッスンを受けている方も一定数いらっしゃいます。
ショーン
ショーン
大学生の受講生も多いキャンブリーですが、やはり好きな時にレッスンが受けられる手軽さが人気なのでしょう。

1年前ほど継続してキャンブリーを利用していますが、お気に入りの講師から週に3回程度レッスンを受けています。お互い慣れてきても講師の方はプロフェッショナルな意識を持って毎回きちんと間違いを訂正してくれたり、フィードバックを行なってれます。

昔からサボりがちな性格でしたが、レッスンを好きなタイミングで受講できるシステムがハマり続けてレッスンを受けることができています。

ショーン
ショーン
自分に合った良い講師に出会えることができれば英語力の上達も比例して早くなります。キャンブリーでは1万人以上の講師がいるので見つかること間違いなしですね。

講師の出身やアクセントを自分の好みで選択できる英会話スクールはあまりないので、それらが揃っているキャンブリーはかなり良い。語学の勉強をするにあたりネイティブとの英会話レッスンは必要かと思うのでキャンブリーはおすすめです。

ショーン
ショーン
何十社とオンライン英会話を見てきましたが、「講師のアクセント」で講師検索ができる機能を持っているスクールはそう多くはありませんでした。世界基準の英語であればネイティブから学ぶのが良いですが、人によってはアクセントの好みはあるので良い機能ですね。

キャンブリーの公式サイトをチェック!

CAMBLY(キャンブリー)で使える教材【14種類】

キャンブリーでは「14つのコース」に応じた教材をそれぞれ用意。

  • English Conversation 101
  • Basic Conversation Topics
  • Intermediate Conversation Topics
  • Advanced Conversation Topics
  • Business English
  • Advanced Business English
  • Movies and Television
  • Life in Internet Age
  • Caring for Our Planet
  • Healthy Mind, Healthy Body
  • IELTS Speaking Part1
  • IELTS Speaking Part2
  • IELTS Speaking Part3
  • IELTS Speaking Mock Test

どの教材も英語レベルや学習目的が異なります。

レッスンはフリーカンバセーションのような自由に会話をすることも可能ですが、ほとんどの方が教材を使った英語学習を選択します。

「どんな教材を使ってレッスンをするのか」は効率的に学習を進める際には重要ですので、詳しく教材に関して調べたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

CAMBLY(キャンブリー)の教材や学べる内容は?【徹底リサーチ】
CAMBLY(キャンブリー)の教材や学べる内容は?【徹底リサーチ】 今回は、アメリカ発のオンライン英会話「Cambly(キャンブリー)」の教材について詳しく解説していきます。 教材を...

キャンブリーでは無料会員になることで上記のコースで使われる教材の一部を確認できます。「まずは見てみたい!」という方は公式サイトから会員登録してみましょう。

キャンブリーの公式サイトをチェック!

CAMBLY(キャンブリー)の料金やプラン【他社と比較】

キャンブリーでは様々な料金プランが用意されており、受講生にとって無駄がないように柔軟に設定されています。

簡単にお伝えすると以下の3つによって料金が確定されます。

  • 1日に受講する時間
  • 1週間に受講する回数
  • 契約する月数

そのため、人によっては「15分/日×3回/週×3ヶ月/契約」となることで料金が確定されますし、項目が1つでも変われば料金も異なってきます。

ここで全てのプランを説明することはできないので最もスタンダードな「1ヶ月のプラン」で表をまとめてみたので参考にしてください。

15分 12,990円
30分 24,690円
60分 47,690円
120分 81,990円

仮に「1日30分を毎日1ヶ月続けるプラン」であれば料金は「24,690円」となり1レッスンあたりの単価は「823円」となります。

これを他社のオンライン英会話と比べるとどうでしょうか?

できるだけ同じ条件(毎日1レッスンを1ヶ月続けるプラン)でネイティブ講師とのレッスンが可能なスクールで調べてみました。
※スクールによっては25分/レッスンの場合もあります。

  • キャンブリー:823円/レッスン
  • Vipabc:900円~/レッスン
  • ボストン倶楽部:990円/レッスン
  • DMM英会話:510円/レッスン
  • HiNative Trek:326円/レッスン

HiNative Trekの場合は、レッスンというよりも「英文作成・音声録音」を送り講師がフィードバックをしてくれるサービスですのでリアルタイムの英会話は行えません。

その他を比較して考えると、キャンブリーは「高すぎず安すぎず」といった料金プランを提供しているスクールであることがわかりますね。

「予約無しでレッスンが受講できる点」や「録画機能が付いていること」などの使いやすさを考慮するとキャンブリーはリーズナブルなオンライン英会話なのではないかと思います。

キャンブリーの公式サイトをチェック!

最後に:CAMBLY(キャンブリー)の体験レッスンでしっかり比較検討をしましょう!

今回は、ネイティブ講師からレッスン受講ができるオンライン英会話「キャンブリー」のスクール情報を始め、レッスン内容や口コミ・評判についてお伝えいたしました。

在籍している講師は皆ネイティブで、予約不要でレッスン受講が可能な点や、料金プランも柔軟ですので、キャンブリーは無駄なく続けられるオンライン英会話です。

キャンブリーはこんな人におすすめ
  • 「ネイティブ講師から英会話を学びたい人」
  • 「定期的に時間確保して英会話レッスンが受講できない人」
  • 「予習・復習などを取り入れ本格的に英語力をあげたい人」など

上記に該当する方は特に、キャンブリーで英語学習を始めるのはおすすめです。

レッスンの内容や講師の質を確かめたい方はまずキャンブリーの「無料体験レッスン」を受講してみて自分の目で確かめましょう!

キャンブリーの公式サイトをチェック!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話を比較!
関連記事