オンライン英会話

DMM英会話とレアジョブ英会話を徹底比較【大手2社をリサーチ】

DMM英会話とレアジョブ英会話を徹底比較【大手2社をリサーチ】
オンライン英会話で有名な「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」を比較して自分にあったスクールを選びたいと思っている。両スクールの情報を比べてみてスクール決定をしたいな!
ショーン
ショーン
こんにちは!これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、スクールの記事を書いています。

今回は、オンライン英会話で人気を集める「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」を比較していこうと思います。

比較する際に多くの方が気になるポイントである「料金面」をはじめ「カリキュラム内容」や「教材の種類」などの違いをEnglish With編集部でまとめてみました。

また、僕自身、両スクールでレッスンを受けた経験があるので、そのフィードバックも踏まえて皆さんにお伝えしていければと思います。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

以下で「DMM英会話」「レアジョブ英会話」を体験した様子を載せている記事を用意したいるので、詳しくレッスン内容を知りたい方は参考にしてみてください。

DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】
DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】 今回は、DMM.comが運営する事業の一つであるオンライン英会話の「DMM英会話」について体験レッスンのレビューや口コミ...
レアジョブ英会話の口コミ・評判は?【徹底調査してみた!】
レアジョブ英会話の口コミ・評判は?【徹底調査してみた!】 今回は、オンライン英会話スクールの中でも最大手の「レアジョブ英会話」についてレッスンを実際に受講したレビューや受講生の口...

スクール情報まとめ【DMM英会話×レアジョブ英会話】

まず、最初に「DMM英会話」「レアジョブ英会話」両スクールの基本情報を表にまとめてみたので、比較してみましょう。

DMM英会話 レアジョブ英会話
レッスン料金 6,480円(税込)~/月 4,200円(税込)~/月
担当講師 日本人講師
ネイティブ講師
外国人講師
外国人講師
講師数 7,500人以上 6,000人以上
レッスン可能時間 24時間 6:00~25:00
レッスン端末 パソコン スマホアプリ
パソコン
コース内容 日常英会話
ビジネス英会話
旅行
文法
語彙
TOEIC など
日常英会話
ビジネス英会話
ディスカッション
スモールトーク
文法
発音 など

比較してみていると料金や講師のタイプなどが異なる両スクールですが、ここでは簡単にスクールの概要をお伝えしていきますね。

DMM英会話は、日本国内でも最大規模の大手オンライン英会話で、カリキュラムの充実さから年齢や英語レベルに関係なく幅広い方が英会話を学ばれています。

また、講師は「ネイティブ、日本人、外国人講師」から選択でき、教材も英語だけでなく、日本語訳が見れる機能がついていたりと初心者でも安心です。

レアジョブ英会話の場合は、こちらも大手企業(一部上場)が運営するオンライン英会話ということで講師の質が高くリーズナブルに受講できるのが特徴。

料金がリーズナブルな分、講師の国籍がフィリピン人の講師のみになります。教材は初心者向けのものをメインに取り揃えており、まずは気軽に英会話を始められるオンライン英会話です。

次項では、各テーマに分けて両スクールの違いをお伝えしていきますので、順にチェックして比較していきましょう!

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

料金プランの違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】

料金プランの違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】DMM英会話で用意している料金プランは「ネイティブ以外の講師とレッスンするプラン」と「ネイティブ講師も含んでレッスン可能なプラン」と2つになります。

※1レッスン25分

スタンダードプラン
(ネイティブ・日本人以外の講師からレッスン可能)
毎日1回レッスン 6,480円(税込)
毎日2回レッスン 10,780円(税込)
毎日3回レッスン 15,180円(税込)
ネイティブプラン
(全ての講師からレッスン可能)
毎日1回レッスン 15,800円(税込)
毎日2回レッスン 31,200円(税込)
毎日3回レッスン 45,100円(税込)

日本のオンライン英会話でも上記のような料金プランを用意しているところは多く、一般的な料金設定と言った印象ですね。

そして、DMM英会話では「毎日1レッスン以上」しか用意していないので、毎日1コマ25分のレッスンを受講できる人であれば使いやすいですが、そこまで受講を考えていない人にとっては、未受講のレッスンが自動消化されてしまうので無駄になってしまいます。

レアジョブ英会話場合は「毎月8回レッスンのプラン」と「1日1レッスンのプラン」と2つに分かれます。

毎月8回レッスン
受講料金 4,620円(税込)
受講回数 8回
1日1レッスン
受講料金 6,380円(税込)
受講回数 毎日1レッスン

こちらもシンプルに2種類しか用意がありませんが、違いはその「受講回数」です。

レアジョブ英会話の場合は「毎月8回レッスン」というプランがあるため「まずは手始めに少ない回数からレッスンをスタートさせたい」という方に向けて適度な受講回数で学べるプランを用意しています。

ただ個人的に、本格的に英語学習を始めようと思う際はこのような受講回数少なめのプランはおすすめしていません。というのも、英語力を伸ばすには「継続して学習を続けること」が何よりも大事ですので、月8回(週2回ペース)では少し物足りないと感じてしまいます。

もちろん、レッスン以外の時間を使ってたくさん自己学習を行うのであれば良いですが、そうするのであれば「1日1レッスン」プランで毎日レッスンを受ける習慣を身につけた方が安定して学習できるでしょう。

また、受講回数が多いプランの方が1レッスンあたりの単価も安くなるのでお得です。

両スクールの料金を比較した結果をまとめると、DMM英会話は「毎日英会話レッスンを受講できる人向け」で、レアジョブ英会話は「月8回~毎日受講」できるプランを用意しているため「気軽に英会話を始めたい方」にも使いやすいオンライン英会話ですね。

※スクールの料金比較記事を参考にしたい方はこちら!

レアジョブ英会話の料金プラン・コースは?内容とコスパが高いのかを比較!
レアジョブ英会話の料金プラン・コースは?内容とコスパが高いのかを比較! この記事では、レアジョブ英会話受講中の僕が料金プランを他社とも比較しつつ、徹底調査しました。 オンライン英会話はレ...

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

講師の違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】

講師の違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」では、先ほどお伝えしたように、レッスンを担当してくれる講師の種類が異なります。

DMM英会話では、ネイティブ・日本人・外国人講師からレッスン受講が可能で120ヶ国以上の講師が在籍しています。

※外国人講師とは英語を第2ヶ国語として話す講師のこと。DMM英会話の場合は、フィリピンやセルビアの講師が多い。

一方でレアジョブ英会話はフィリピン出身の外国人講師のみ。

それぞれの講師の特徴を簡単にお伝えすると「外国人講師」は、第二言語として英語を学習し習得した経歴があるので、英語学習者の気持ちが理解しやすいという点があります。そのため、丁寧に解説をしてくれると初心者からは人気を集めています。

日本人講師とのレッスンは、日本語でサポートしてくれるため「英語初心者向け」におすすめであることをはじめ、特に「英語試験対策」などの問題傾向や対策が必要になるレッスンで効果を発揮します。

ネイティブ講師の場合は、本場の発音で生きた英語表現が学べるというところが特徴的。そのため「ネイティブと仕事で会話することが多い方」や「英語圏への留学を控えている方」などに人気です。

また、両スクールの講師数の違いは、DMM英会話が「7,500人」、レアジョブ英会話が「6,000人」と差がありますが、僕が両スクールを受講した実感としては、どの時間帯でも講師の予約は取れます。レッスン予約に関してはスムーズにできるので予約のしやすさはそこまで心配する必要はないかと思います。

ただ「講師の質」という観点からお話すると、フィリピン人限定でレッスンを提供している「レアジョブ英会話」の方が統率や教育が行き届いていて良い印象を感じました。

会社できちんと研修をしていたり、講師間でのトレーニングも行っているですので、どの講師からレッスンを受けても平均以上のクオリティでした。そのため、講師のレベルにムラがないという意味ではレアジョブ英会話の方が良いかもしれませんね。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

教材の違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】

教材の違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】「DMM英会話」「レアジョブ英会話」の教材に関しては、業界トップレベルの教材数を保有しているDMM英会話の方がやはり充実しています。

その数「約7,000以上」もあると言われており学べるトピックは大きく分けて「27種類」のラインナップとかなりの数です。

DMM英会話の教材一例
  • デイリーニュース
  • 文法
  • 発音
  • 語彙
  • 会話
  • 写真描写
  • ビジネス
  • TOEIC
  • IELTS
  • TOEFL
  • キッズ英語 など

レアジョブ英会話では、以下のような教材トピックを提供しています。

レアジョブ英会話の教材
  • 日常英会話
  • ビジネス英会話
  • ディスカッション
  • スモールトーク
  • 文法
  • 発音
  • オンライン英会話準備

両スクールとも大手オンライン英会話ですので、学習目的に合わせた教材の豊富さにはこだわっており「市販教材」だけでなく「スクール独自の教材」も用意。

教材の内容が細かく分かれており、受講生が無理なく学べるようになっています。

また「日常英会話」や「ビジネス英会話」と言った基本的な教材は両スクールにもありますが、DMM英会話の場合は英語試験対策に特化した教材も用意。

例えば、TOEIC・TOEFL・IELTSのスピーキング対策専用や英検対策ができる教材だったりバリエーションも多くあります。

そのため、日常英会話やビジネス英会話であればどちらのスクールでも受講できますが、英語試験対策を視野に入れた学習を考えているのであれば「DMM英会話」の方がおすすめですね。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

レッスン時間の違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】

レッスン時間の違い【DMM英会話×レアジョブ英会話】レッスン提供時間も「DMM英会話」「レアジョブ英会話」共に異なります。

DMM英会話は、様々な国の講師からレッスンができるということもあり「24時間365日」いつでもレッスンを受講することができます。

一方でレアジョブ英会話は、フィリピン講師とのレッスンになるので「6:00~25:00」と時間が限定されてしまします。

とはいえ、多くの方が日本時間の朝~夜にかけてレッスンを受けるかと思うので、時間を気にするケースは一部の方のみなのではないでしょうか。

また、1レッスンあたりの時間は両スクールとも「25分」と決まっているので、そこでの違いはありません。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

自己学習コンテンツの違い【DMM英会話×レアジョブ英会話」】

自己学習コンテンツの違い【DMM英会話×レアジョブ英会話」】「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」で、使える自己学習コンテンツは大きく異なります。

DMM英会話の場合は、本会員になると「iKnow!」というアプリが使えるようになります。このアプリは、主に単語学習を効果的に学習できるアプリで、会員になることで無料で使用することができます。

iKnow!

例えば、レッスン時に習った英単語を登録したり、以下のテーマに関連する学習をすることができるので、気軽に英単語の勉強ができますね。

「iKnow」で学習できるテーマ内容
  • 日常英会話
  • 旅行/趣味
  • 留学準備
  • TOEIC
  • 英検対策
  • 大学受験対策
  • ビジネス英語

月額1,510円のアプリをDMM英会話の会員になることで使えるようになるので、それだけでも料金面でメリットがありますよね。

また「iKnow!」はスマホアプリですので、通学・通勤中の隙間時間などで学習をすることができるので自己学習教材として活用したい方には最適です。

一方「レアジョブ英会話」は、DMM英会話のようにレッスン以外の自己学習で使えるコンテンツは特別用意しておらず、自分で参考書やアプリを使って学習する必要があります。

そのため、レッスンの復習をしっかりとできるいう意味では「DMM英会話」の方が使い勝手が良いかと思いますね。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

口コミ情報【DMM英会話×レアジョブ英会話】

口コミ情報【DMM英会話×レアジョブ英会話】ここからは「DMM英会話」「レアジョブ英会話」両スクールの口コミを集めてみましたので、簡単にチェックしてみましょう!

DMM英会話

ショーン
ショーン
DMM英会話は教材のバリエーションが多いからか教材に関する口コミが多かったです。また、多くの方が自分のレベルに合った教材を細かく選んでレッスンできているようです。
レアジョブ英会話

ショーン
ショーン
レアジョブ英会話の場合は、やはり「講師の質」が高いので初心者でも安心できるという点が口コミとして多かったです。その他、カジュアルに英会話を楽しみたい方もレアジョブ英会話を選んでいる様子ですね。

最後に:「DMM英会話」「レアジョブ英会話」はこんな人におすすめのオンライン英会話!

今回は「DMM英会話」と「レアジョブ英会話」を各テーマに分けて比較してきましたが、いかがでしたでしょうか。

総合的にここで紹介したテーマを踏まえて「DMM英会話」は次のような人におすすめです。

DMM英会話がおすすめな人
  • 毎日継続的にレッスンを受けられる人
  • 英語試験対策なども考えている人
  • ネイティブや日本人講師とのレッスンも考えている人

また「レアジョブ英会話」は次のような人におすすめです。

レアジョブ英会話がおすすめな人
  • 英語初心者で質の高い講師からレッスンを受けたい人
  • 試験対策などではなく英会話を純粋に楽しみたい人
  • 毎日レッスン受講は難しいという人

個人的には「DMM英会話」「レアジョブ英会話」どちらもおすすめのオンラインスクールではありますが、個人的には「DMM英会話」の方が本格的に英会話を学びたいという方にとっては、教材のバリエーションやネイティブ講師がいるという点で使い勝手が良いかなと思います。

毎日レッスンを行うプランしか「DMM英会話」には用意されていませんが、逆にそのプランに入ることで半強制的にレッスンを受ける環境が手に入るので「英語学習習慣」がきちんと身につきます。

やはり、英語は継続が大事ですので早い段階で習慣化に成功すれば上達も早まるものです。

とはいえ、ご自身の目で確かめてみないとわからない点も多いかと思うので、まずは比べてみるという意味でも「無料体験レッスン」を受けてみて自分なりの答えを出してみてくださいね!

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:レアジョブ英会話

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話を比較!
関連記事