オンライン英会話

【DMM英会話とCambly】おすすめオンライン英会話大手2社の違いを徹底比較

DMM英会話とCamblyを徹底比較【オンライン英会話大手2社】
オンライン英会話で有名な「DMM英会話」と「Cambly(キャンブリー)」を比較して自分に合っているを選びたいと思っている。両スクールの情報を比べて納得のいくスクール選びがしたいな!
ショーン
ショーン
こんにちは!これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、スクールの記事を書いています。

今回は、オンライン英会話で人気を集める2つのスクール「DMM英会話」と「キャンブリー」を徹底比較していきます。

どちらのスクールも業界では知名度が高く受講生も多いですが、料金面やカリキュラム内容、教材の数などは大きく異なるもの。ここでは、みなさんが気になっている点を比較するのはもちろん、僕自身、両スクールでレッスンを受けたことがあるので、その経験も踏まえてお伝えしていきます。

ショーン
ショーン
この記事を参考にして、まずは無料体験レッスンを受講してみましょう!

また、以下は「DMM英会話」と「キャンブリー」を体験した際の記事を載せておきますので、レッスン内容を知りたい方はこちらも参考にしてみてくださいね。

DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】
DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】今回の記事では、English With編集部がDMM.comが運営する事業の一つであるオンライン英会話の「DMM英会話」について体験レッスンのレビューや口コミについてまとめていきます。DMM英会話を検討している方はぜひ参考にしてみてください。...
CAMBLYの英会話レッスンを体験受講してみた!【口コミ・評判】
CAMBLYの英会話レッスンを体験受講してみた!【口コミ・評判】今回の記事では、アメリカ発のオンライン英会話「CAMBLY(キャンブリー)」について、基本情報からレッスンの内容までEnglish With編集部が徹底解説しています。...

DMM英会話×Cambly「8つの比較」

まず、最初に「DMM英会話」「キャンブリー」の両スクールの基本情報を表にまとめてみたので、比較してみましょう。

DMM英会話×Cambly
DMM英会話 Cambly
レッスン料金・割引 6,480円(税込)~/月 2,393円(税込)~/月
講師 ・7,500人以上の講師が在籍
(日本人講師・ネイティブ講師
・外国人講師)
・1万人以上の講師が在籍
(ネイティブ講師)
教材 10,000種類以上 不明(DMMよりは少なめ)
コース内容 日常英会話
ビジネス英会話
旅行
文法
語彙
TOEIC など
日常英会話
ビジネス英会話
自己表現
IELTS など
レッスン可能時間 24時間
(パソコン)
24時間
(スマホアプリ・パソコン)
自己学習コンテンツ あり(iKnow!という有料アプリが使い放題) なし
録画機能 なし あり
無料体験 2回分のレッスンが無料 1回分のレッスンが無料

上記の比較表だけでは分からない点も多いと思いますので、簡単に両者の違いを説明していきます。

DMM英会話は、国内でサービスを開始したオンライン英会話スクールで「日本人向け」に特化して教材開発から講師トレーニングが行われています。

一方、キャンブリーの場合は元々がアメリカのサービスで、英語学習を行っている受講生は日本人だけではなく、世界中の国々の方が使っています。

どちらが良い悪いという訳ではありませんが、日本人向けに丁寧なサポートやレッスンが受講できるのは「DMM英会話」で、世界基準の教材を使い様々な講師から英語を学びたい方は「キャンブリー」ということがこのことから理解できるでしょう。

次項で各テーマに分けて両スクールの違いをお伝えしていきますので、順にチェックして比較してみてくださいね。

DMM英会話×Cambly【8つの比較】
  1. 料金プラン・割引キャンペーンの比較
  2. 講師の比較
  3. 教材・テキストの比較
  4. レッスン時間の比較
  5. 自己学習コンテンツの比較
  6. 録画機能の比較
  7. 初心者~上級者まで安心して受講できるかの比較
  8. 無料体験の比較

1.料金プラン・割引キャンペーンの比較【DMM英会話×Cambly】

料金プランの違い【DMM英会話×Cambly】まず、DMM英会話からお話をしていくと、こちらで用意されている料金プランは毎日レッスンを受講できる「スタンダードプラン」「プラスネイティブプラン」の2つになります。

※1レッスン25分

それぞれ受講できる講師が異なり以下のような料金です。

スタンダードプラン
毎日1回レッスン 6,480円(税込)
毎日2回レッスン 10,780円(税込)
毎日3回レッスン 15,180円(税込)

ネイティブ・日本人以外の講師からレッスン可能なプラン。主にフィリピン、セルビア、南米の講師がメインになります。

プラスネイティブプラン
毎日1回レッスン 16,590円(税込)
毎日2回レッスン 32,760円(税込)
毎日3回レッスン 47,360円(税込)

スタンダードプランの講師に加えて英語圏(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど)とのレッスン受講が可能です。

日本のオンライン英会話では、このような料金プランを用意しているところが多く、DMM英会話に関しても同じことが言えますね。

英語を普段から使わない日本人にとっては、英語学習を毎日の習慣にすることで英語力上達を目指せるため「毎日1回レッスン」からのプランをスタンダードとしているのは良いですね。

一方で、キャンブリーでは様々な料金プランが用意されており、どの頻度で受講するかどうかは個人の自由。忙しい方でも無理なくレッスンできるように柔軟に設定されています。

キャンブリーでは以下の3項目によって料金が確定されます。

料金を決める基準
  • 1日に受講する時間
  • 1週間に受講する回数
  • 契約する月数

そのため、人によっては「15分/日×3回/週×3ヶ月/契約」と言った料金プランを設定することでそれに見合った金額を支払います。

※キャンブリーは1レッスン15分・30分・60分から設定可能。

上記の項目が1つでも変わればもちろん料金は異なります。

組みわせるとかなりのプラン数になるので、DMM英会話と近いプランで比較するために「毎日30分レッスン1ヶ月のプラン」を表のしてまとめてみたので参考にしてください。

Cambly:毎日1回レッスンの場合
毎月支払い 20,990円(税込)/月
3ヶ月プラン 17,841円(税込)/月
12ヶ月プラン 13,644円(税込)/月

上記の通り、受講する期間によって料金は大きく変わります。そのため、長期的にレッスンを受けようと考えている方は12ヶ月プランを選択することで月額の料金が安くなります。

両スクールを比べてみると、最安で受講するなら「DMM英会話のスタンダードプラン」がおすすめです。また、ネイティブ講師とのレッスンで最安の場合も12ヶ月プラン以外であれば「DMM英会話のネイティブプラン」に軍配が上がりますね。

純粋なレッスン料金だけを比較すると、DMM英会話の方が安いと判断できますが、キャンブリーでは割引コードを発行しています。コードを入力するだけで10〜42%OFF (長期コースは長期割引併用可)になるので、こちらを利用することでDMM英会話よりも安く受講できる可能性があります。

【Camblyプロモコード】newstart10
プロモコード詳細:1042%割引(長期コースは長期割引併用可)

また、短期間で受講を検討している方には、もしかしたらDMM英会話の方が安く抑えることができるかもしれません。DMM英会話では初月最大半額キャンペーン(プラスネイティブプランは20%OFF)を行なっているので1ヶ月、2ヶ月の受講で良い場合はチェックしてみるのも良いでしょう。

料金・割引まとめ
  • DMM英会話は、最安6,480円〜始められる。ただし講師は非ネイティブと限定的。
  • DMM英会話は初月最大半額になるキャンペーンを行なっているので短期間の受講者におすすめ。
  • キャンブリーは、割引キャンペーンを使うことで安く受講できる場合がある。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

2.講師を比較【DMM英会話×Cambly】

講師の違い【DMM英会話×Cambly】

次に、講師について比較していきましょう。

「DMM英会話」「キャンブリー」に共通して言えるのは、ネイティブ講師が在籍しているということ。ネイティブ講師の国籍に関しては大差はありません。

しかし、DMM英会話はそれに加えて100ヶ国以上の外国人講師、さらにはバイリンガルの日本人講師とレッスンも受講することが可能です。

※外国人講師とは英語を第2ヶ国語として話す講師のこと。フィリピンやセルビアの講師がDMM英会話には多い印象です。

外国人講師の特徴としては、第二言語として英語を学習し習得した講師のため、英語学習者の気持ちが理解しやすいという点があり、学習者目線で丁寧に解説をしてくれるので「英語初心者」におすすめ。

日本人講師とのレッスンは、日本語のサポートが付いているので英語初心者向けにおすすめであることはもちろん「英語試験対策」などの問題傾向や対策が必要になるレッスンで効果を発揮します。

ネイティブ講師の場合は、なんと言っても発音が良く生きた英語表現が学べるというところが利点です。そのため「ネイティブと仕事で会話することが多い方」や「英語圏への留学を控えている方」などに効果があるでしょう。

どちらのスクールが良いか講師基準で判断する際は、個人の学習目的や好みによって変わるかと思うので、まずは体験レッスンで確かめてみるのが良いですね。

講師まとめ
  • DMM英会話:ネイティブ・日本人・外国人講師が在籍している。
  • キャンブリー:ネイティブ講師のみが在籍している。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

3.教材・テキストを比較【DMM英会話×Cambly】

教材の違い【DMM英会話×Cambly】続いて教材の違いについてお伝えしていきます。

DMM英会話は、業界でもトップレベルの教材数を保有していることで有名で、その数は10,000種類以上とも言われています。そして、30種類近くのトピックに分けられているので、英語レベルや学習目的に応じたレッスンを受講することが可能です。

DMM英会話の教材(一例)
  • デイリーニュース
  • 文法
  • 発音
  • 語彙
  • 会話
  • 写真描写
  • ビジネス
  • TOEIC
  • IELTS
  • TOEFL
  • キッズ英語 など

詳しく、DMM英会話の教材について知りたい方は以下の記事が参考になります。

DMM英会話でおすすめできる教材をテーマ別に紹介【編集部調べ】
DMM英会話でおすすめできる教材をテーマ別に紹介【編集部調べ】今回の記事では、English With編集部が「DMM英会話で使用できるおすすめ教材」について紹介します。...

また、キャンブリーの場合は以下の通りで、DMM英会話ほどではありませんが、主要どころはしっかりと用意されている印象です。

キャンブリーの教材(一例)
  • 基礎会話
  • 毎日の会話
  • 中級の会話
  • TOEIC
  • IELTS
  • TOEFL
  • 会話トピック
  • 面接 など

両スクールとも無料体験の際には教材閲覧ができます。まずは、教材の中身を見てから判断するのが良いかと思うので、アカウント登録はしておきましょう。

キャンブリーの教材に関しても以下の記事でまとめています。

CAMBLY(キャンブリー)の教材や学べる内容は?【徹底リサーチ】
CAMBLY(キャンブリー)の教材や学べる内容は?【徹底リサーチ】今回の記事では、アメリカ発のオンライン英会話「Cambly(キャンブリー)」の教材についてEnglish With編集部が詳しく解説しています。...
教材まとめ
  • DMM英会話:10,000種類の教材を用意している。
  • キャンブリー:DMM英会話に比べると少ない。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

4.レッスン時間を比較【DMM英会話×Cambly】

レッスン時間の違い【DMM英会話×Cambly】次は、レッスン時間に関してお伝えしていきます。

レッスン可能な時間帯に関しては、結論からお伝えすると「DMM英会話」も「キャンブリー」も、24時間365日いつでもレッスンを受講することができるため利便性という意味では大差がありません。

比較するポイントとしては、1回のレッスン時間です。

キャンブリーはレッスン時間を「15分」「30分」「60分」と選択することができますが、DMM英会話は「25分」になっています。多くのオンライン英会話スクールでは25分が通常の時間になっているので、自由度の高いキャンブリーのレッスン時間が魅力的に感じる方もいます。

ただ、1レッスン15分のレッスンを僕自身受講してみたことがありますが、教材をしっかり使って学習することを考慮すると「少し短いかな」と感じました。そのため、フリートークなどの雑談で気軽に使う形で受講するのが良いかなと思います。

また、DMM英会話ではレッスン予約が必須ですが、キャンブリーは講師に空きがあれば即座に受講が可能です。15分と短いレッスンでも気軽に受講できるので、この辺りはキャンブリならではの特徴と言えるでしょう。

レッスン時間まとめ
  • DMM英会話:24時間レッスン受講が可能だが、予約が必要。1レッスンは25分。
  • キャンブリー:24時間レッスン受講が可能で予約不要。1レッスン15〜60分で選べる。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

5.自己学習コンテンツを比較【DMM英会話×Cambly】

33
自己学習コンテンツの違い【DMM英会話×Cambly】続いて、両スクールが提供する自己学習コンテンツについてお伝えしていきます。

DMM英会話の場合は、会員になると使えるようになる「iKnow!」というアプリがあります。このアプリは本来有料のものですが、DMM英会話の会員になることで無料で使用可能です。

iKnow!どんなことができるのかと言うと、主に「単語学習」がメインでレッスン時に習った英単語を登録できたり、以下のテーマに関連する単語学習ができます。

「iKnow」で学習できるテーマ内容
  • 日常英会話
  • 旅行/趣味
  • 留学準備
  • TOEIC
  • 英検対策
  • 大学受験対策
  • ビジネス英語

こちらはスマホアプリになるので、通学・通勤中に自己学習用に使い、隙間時間でサクッと英語を学べますね。

キャンブリーには特別、自己学習コンテンツの用意はありません。

自己学習コンテンツまとめ
  • DMM英会話:iKnow!という学習アプリを無料で使うことができる。
  • キャンブリー:特になし。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

6.録画機能が使えるか【DMM英会話×Cambly】

6.録画機能が使えるか【DMM英会話×Cambly】次に、レッスンの録画機能が使えるかどうかをお伝えしていきます。

DMM英会話では、特別機能面で録画ができるという仕様はありません。もし、レッスンを録画して学習に活かしたいということであればご自身で録画ツールをダウンロードして使うことをおすすめします。

「キャンブリー」の場合は、レッスンを自動で録画してくれる機能がシステム内についているのが特徴的。そのため、レッスン後にスマホやパソコンで、レッスンの録画を見ながら自己学習を行うことができます。

自分の発音や文法の正誤性は、レッスン受講中ではわからないものですので「録画機能」を使うことで、客観的に自分の英語をチェックできるのはかなり効果的。英語力を伸ばしたいなら復習は絶対必要ですので、レッスン録画を使った学習はおすすめです。

レッスン録画機能まとめ
  • DMM英会話:なし
  • キャンブリー:録画機能があるので、復習に役立てることができる。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

7.初心者~上級者まで安心して受講できるか【DMM英会話×Cambly】

オンライン英会話講師次に、両スクールでは初心者〜上級者まで安心して受講できるのかという点についてお伝えしていきます。

先ほども、在籍講師の違いについてお話ししましたが、初心者向けという観点からは「DMM英会話」がおすすめできます。DMM英会話では、日本人講師が在籍していることからも、日本語でのサポートがある、解説を日本語で丁寧にしてくれる等からも安心できるでしょう。

そのほか、非ネイティブ、ネイティブ講師も多く在籍しているので、中級者〜上級者まで、幅広いレベルに対応できるのが強みです。

一方で、Camblyの講師はネイティブ講師のみ。初心者用の教材があるとは言え、初心者にはハードルが高く感じてしまうかもしれません。ある程度英語の基礎力があり、中級者以上の方におすすめできるスクールですね。

初心者〜上級者におすすめか
  • DMM英会話:講師の種類が多彩なので、初心者〜上級者におすすめできる。
  • キャンブリー:ネイティブ講師がレッスンを担当するので中級者以上におすすめできる。

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

8.無料体験の比較【DMM英会話×Cambly】

8.無料体験の比較【DMM英会話×Cambly】最後は、無料体験の比較についてお伝えしていきます。

各スクールの公式サイトをチェックすると「DMM英会話は2回(25分×2レッスン)」「キャンブリーは、1回(15分)」ですので、無料体験でレッスンをより味わうことができるのはDMM英会話になります。

ただ、どちらもアカウントを作ることで教材の閲覧や在籍講師のプロフィールなどを見れるようになるので、レッスン以外の点で比較することが可能です。

両スクールをしっかりと比較するためにも、無料体験レッスンを行い教材や講師を見ておくのは大事ですね。

無料体験レッスンまとめ
  • DMM英会話:2回(25分×2レッスン)無料
  • キャンブリー:1回(15分)無料

公式サイト:DMM英会話
公式サイト:キャンブリー

口コミ情報【DMM英会話×Cambly】

ここでは、「DMM英会話」「キャンブリー」で受講している方々の口コミを集めてみました。

口コミはスクールの良し悪しを判断する良い材料になるので、こちらもチェックしてみましょう!

DMM英会話の口コミ

DMM英会話の口コミ

ショーン
ショーン
DMM英会話では様々な講師が在籍しているので、講師に関する口コミが多かった印象です。講師の相性も英語力上達のポイントですので、たくさんいる中から自分のベスト講師を選べるのは良いですよね!

公式サイト:DMM英会話

Camblyの口コミ

Camblyの口コミ

ショーン
ショーン
キャンブリーはフリートーク形でカジュアルに英会話レッスンを受けている方が多々いる印象ですね。そのため、教材を有効活用すると言うよりもその場のアドリブで実践的に学ぶスタイルで受講されている方が多いです。

公式サイト:キャンブリー

DMM英会話はどんな人に向いているか?

ここまで、両スクールの比較をしてきましたが簡単にまとめるとDMM英会話は以下に当てはまる方におすすめできます。

DMM英会話はこんな方におすすめ
  • 英語初心者で日本語のサポートが必要
  • 様々な教材を使って飽きずに英会話を楽しみたい
  • 自己学習アプリを使って語彙力も伸ばしたい
  • レッスン受講を定期的に行い習慣化したい

DMM英会話は、日本人講師とのレッスン受講ができることから英語初心者におすすめできるスクールです。英会話を行う前に英文法や基礎的な語彙力を身につけるためにも学習しやすい環境が整っています。

また、中級者〜上級者の方でも、ネイティブ講師とのレッスンを通じて、正しい発音やフレーズ・表現を身につけることでより高いレベルの英語力を身に付けることもできます。

Camblyはどんな人に向いているか?

キャンブリーは、以下に当てはまる方におすすめできるオンライン英会話スクールです。

キャンブリーはこんな方におすすめ
  • ネイティブ講師とのレッスン受講がしたい
  • 英語レベルが中級者である
  • 海外留学・就職や移住などを検討している
  • 気軽にスキマ時間でレッスンを受けたい

キャンブリーは、ネイティブ講師とのレッスンを検討している中級者以上の方におすすめ。

講師の種類も豊富ですので「カジュアルに話したい同世代の講師」や「指導力の高い講師」などを選択し、ネイティブ英語を日常生活に取り入れてみましょう。日本人の英語に慣れていない講師が多くいる分、海外での生活を想定したレッスン受講が可能です。

キャンブリーの講師と会話を成り立たせることができれば、海外でも通じる英語力が身に付きます。

DMM英会話キャンブリーどちらもスクールでも、まずは無料体験レッスンを通して自分の肌で感じてみることをお勧めします。

オンライン英会話が向かない人の特徴とは?

英語を使って仕事をしている人ここでは、オンライン英会話に向かない人の特徴を挙げていきます。

先ほどもお伝えしたように、DMM英会話などのスクールでは初心者向けに対応可能な講師や教材が用意されていますが、向かない人もいるのは実際のところ。

当てはまる方は違う方法で英語力を伸ばしたほうが効果的である可能性があるので、一度目を通してみましょう。

オンライン英会話が向かない人の特徴
  1. 英語が全く聞き取れない
  2. 英文法が全くわからない
  3. レッスンを継続的に続けられらない

主に、上記で述べた3つのいずれかに当てはまる方はあまりおすすめできません。

英語が全く聞き取れない方がレッスンを受けても、何を言われているのかわからないので時間の無駄になってしまう可能性があります。

その際は、日本人講師とのレッスンで英語・日本語半分くらいで進めるのが良いでしょう。

また、中学レベルの英文法がわからないとレッスンで苦労するケースが多いです。

単語だけを羅列してカタコトの英語でも講師とコミュニケーションは取れますが、それでは英会話力は中々伸びないですし効率的ではありません。そうならないためにも、最低限英語力(中学英文法)は身につけておくのが得策でしょう。

あとは、英語学習を継続的に行えないのは伸びない人の特徴です。オンライン英会話は、自発的にレッスンを申し込んで受けるので自らが学びたい意志がないと続かないもの。

そのため、学んだ英単語やフレーズをレッスン後に復習したり、レッスン外で学習するなど、継続的に英語に触れることができないと伸びを実感できないでしょう。

厳しいかもしれませんが、オンライン英会話で英語力を伸ばすのは簡単なことではないので、自分の英語力をチェックしどうなりたいのかを明確にした上で、DMM英会話キャンブリーといったスクールで受講を始めてみてくださいね。

最後に:DMM英会話・Camblyを比較して自分に合ったスクール選択を!

今回は「DMM英会話」と「キャンブリー」のオンライン英会話を各テーマに分けて比較してきました。

比較してみて、多くの点で異なる部分があったのではないでしょうか?

僕自身、両スクールを受講してみて、英語初心者であれば日本人講師とのレッスンが受講できる「DMM英会話」を選択し、少し会話ができる英語レベルの方であれば「キャンブリー」を選ぶかなと思います。

どちらも大手オンライン英会話ですが、それぞれ「メリット」「デメリット」があったかと思うので、まずは両方の「無料体験レッスン」を通じて比較してみましょう!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

その他、DMM英会話とキャンブリーのスクール情報をまとめた記事はこちらに用意しています。より詳しく各スクールの情報を得たい方は参考にしてみると良いでしょう。

DMM英会話【オンライン英会話】
DMM英会話の口コミ・評判【オンライン英会話】 DMM英会話の公式サイトをチェック! DMM英会話の特徴 特徴1.ネイティブ含む120ヵ国以上の講師が在籍 ...
Cambly(キャンブリー)【オンライン英会話】
Cambly(キャンブリー)の口コミ・評判【オンライン英会話】 キャンブリーの公式サイトをチェック! Cambly(キャンブリー)の特徴 特徴1.ボタンを押せば24時間いつでも...
執筆者
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話を比較!