オンライン英会話

オンライン英会話を効果的に行うための予習・復習方法【コツを解説】

オンライン英会話を効果的に行うための予習・復習方法【コツを解説】
最近は、オンライン英会話スクールで英語を学んでいる人が多いみたいだけど、みんなどうやって勉強しているんだろう。

予習や復習もちゃんとしているのかな?英会話を効率的に身につけるために、どんな学習方法が良いのか教えてほしいな〜。

ショーン
ショーン
こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、英会話スクールのアドバイザーをしています!

今回は、オンライン英会話で英語を学ぶ際に知っておきたい予習・復習の方法についてお伝えいたします。

英語学習において「予習・復習」することは非常に大切で、やみくもにレッスンを受けていても英会話はできるようになりません。

特に、オンライン英会話では対面でのレッスンよりもレッスン時間が短く画面上になるので、事前準備としての予習や復習の精度をあげることが重要。

そこで、この記事では「オンライン英会話を効果的に行うための予習・復習方法」についてわかりやすくまとめたので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

まず、その前に「予習・復習の重要性」について理解していただければと思うので説明をしていこうと思います。

なぜ予習・復習が大切なのか?【絶対必要な3つの理由】

なぜ予習・復習が大切なのか?【絶対必要な3つの理由】英会話を効果的にするにはレッスンを受けるだけでなく「予習・復習」も欠かさずに行うことが大切です。

レッスンを行うことだけが英語学習として捉えている人と「予習・レッスン・復習」を1セットで学習をしている人では大きく結果が異なります。

特に、英会話においては何年やっても上達しない人が多くいるのが事実。

そのようにならないためにもここで「予習・復習が大事な3つの理由」を確認していきましょう。

人間は学んだ内容を瞬く間に忘れてしまう

「人間は忘れやすい生き物だ」ということは昔からよく言われていますが、実際に人間の記憶はかなり曖昧ですよね。

僕もそうですが、言われたことを翌日になると忘れていて、再度言ってもらうことでようやく思い出したり。ということも割と多くあるもの。

英語学習においてもこれは同じことが言えて、「先週のレッスンで習った単語やフレーズを今どこまで言えますか?」と質問すると、結構の人が言えずに忘れています。

日常生活で使っている日本語とは違い、英語自体が馴染みのない言語ですので、レッスン中になんとか覚えているだけでは使える英語としてはインプットできていません。

みなさんは「エビングハウスの忘却曲線」というものを知っていますでしょうか?

これは、「人は時間の経過とともに記憶力が曖昧になっていく」ことを証明するために行なった実験を元に割り出された結論です。

この実験を元に、人は何かを学んだとき、

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

ということがデータとして表されました。もちろん人によって異なる部分もあるかと思いますが、ここから言えるのは「人間はすぐに記憶した情報を忘れる」と言うこと。

そのため、英語学習でもレッスンが終わったらすぐに復習しなければ翌日には67%の情報を忘れてしまいます。

特に、英会話初心者の方など、定期的にレッスンを行なっても結果として話せるようにならない人の特徴は「インプット不足=学習量の不足」が原因。

復習を怠ってしますと、話せるようになる前に、使える知識が少なすぎるためいつまで経っても話せるようにならず結果挫折するという、時間をかけたのに効果が得られないという悲しい結末になってしまいます。

使える英語力を最短で身につけられる

せっかく英会話を習うのであれば「できるだけ早く上達したい」と考えるものですよね。

僕も、アメリカ留学をしていた時は、早く授業が理解できるようになりたい、友人と宿題について話合いたい。なんて思いながら英語に触れる機会を増やして習得してきました。

実際に「予習・復習」を行うことで、知っている英語ではなく、「使える英語」を早いペースで覚えることができ、体の芯まで染み込ませることが可能です。

最近流行りの、最短で英会話力を身につけられる「英語コーチングスクール」でも、予習・復習を毎日取り組むトレーニングを勧められます(というか、毎日の学習スケジュールに強制的に組み込まれている)。

英語力習得は早い方が絶対的に良いということはありませんが、話せるようになるスピードは早いに越したことはありません。

そのため、しっかり予習・復習のサイクルで英語学習できるようになれば、短い期間でも英語コーチングスクールに通うのと同等レベルの英語力を身につけることも可能です。

効率的な学習習慣が身につく

最初は大変ですが、「予習・レッスン・復習」という学習サイクルが染み付いてくると日常生活で英語学習することが当たり前のように感じてきます。

「留学した直後が一番大変」と言うことは海外留学の中でもよくある話ですが、僕も現地で生活を始めた当初はかなり大変で英語を聞きたくないとさえ思ってしまう時期がありました。

ただ、その状態では何も変化がなく学べる機会も少なくなってしまうので、少しずつ英語に触れていきながら「英語を使う生活」を当たり前のようにしていった経験があります。

英語圏に行ってしまえば、生活しているだけで「英語漬け」の生活を送ることができ習慣化も簡単ですが、日本にいながら、しかもオンライン英会話レッスンということであれば余計に「予習・復習を習慣化すること」は目標とする英語力到達に向けて大事な要素です。

そして、習慣化するにはある一定の期間、継続的に行う必要があります。

基本的には習慣化には以下の3つの分類に分かれますが、英語学習を日常生活に落とし込む習慣は「行動習慣」として考えられます。
※英語脳と呼ばれる思考能力を身につけるには「思考習慣」に分類化されます。

  • 行動習慣:1ヶ月行うと身につく習慣(勉強、日記、片付け、読書など)
  • 身体習慣:3ヶ月行うと身につく習慣(ダイエット、早起き、運動、禁煙など)
  • 思考習慣:6ヶ月行うと身につく習慣(論理的、ポジティブ、感謝など)

予習・復習を身につけるために必要な「行動習慣」はたったの1ヶ月でクリアできます。

長い人生においての「1ヶ月間」ですのでまずやってみて損はないですよね。

オンライン英会話で効果的に学習する方法【予習編】

オンライン英会話で効果的に学習する方法【予習編】

それでは、ここからはオンライン英会話で学んだ英語を効果的に学習するために必要な要素をお伝えしていきます。

まずは「予習する際に大切なポイント」をチェックしてみましょう。

英会話レッスンで学ぶ単語・フレーズを調べておく

予習において必要なポイントは「習う単語やフレーズを事前に調べておく」こと。

単語やフレーズは、山ほど覚えれば良いと言うわけではありませんが、よく使われるものだけでもしっかり身に付けておけば、いざという時に使えるようになります。

英文法に自信がなければ、そちらもきちんと勉強する必要がありますが、単語やフレーズを知っていることだけでも正直会話は成り立つのです。

また、オンライン英会話ではレッスン時間が25分間と短めに設定されているので、スムーズにやりとりをする際にも、単語やフレーズを事前に理解しておくだけで繰り返し学習することができ、しっかり頭に入ってきます。

ただし、ここで注意してほしいことは「英語→日本語」のようにわからない英語を日本語訳として答える。という、いわゆる受験勉強の英語学習をするだけでは「英会話」をするには不十分だと言うことを理解してください。

英単語やフレーズの学習する際に必要なテクニックは「英語⇄日本語」と言うように、英語をみたら日本語で言えるように、日本語をみたら英語で言えるように予習を繰り返します。

例えば、accept(受け入れる、容認する)という単語であれば、「受け入れる、容認する→accept」「accept→受け入れる、容認する」と言うようにできるだけ瞬間的に早く言えるようにトレーニングしておきましょう。

また、ネイティブの発音を真似ることも大事ですので、音源が付いていればしっかり音声を真似ながら練習を繰り返すことが重要ですね。

何を話したいか事前に決めておく

先ほどもお伝えしたように、オンライン英会話ではレッスン時間が短くスムーズに行うことが大事です。

そのため、学習するレッスンパートを予習段階で理解しておいて「何を自分は話したいか?」を箇条書きでも良いのでリストアップしておくことが予習段階では重要になります。

実際に、英会話において一番のストレスになるのが「話したいことはあるのに英語にできない」ということ。

オンラインレッスンを受けてみるとわかりますが、一言も言いたいことが出てこないレッスンはなんとも空気が気まずく、そして効果も薄いです。

簡単に言うと、レッスン前の段階で「事前に話したい英語を用意しておく」ことが英会話をスムーズに行う際にとても重要で、アウトプットする練習として効果を発揮します。

よく、英会話が伸びない人の中で「レッスン中は講師の話を聞くインプットをメイン」にしていますが、それはただの準備不足。

伸びる人は、「準備して話したい内容をどれだけ言えるか?」を考えアウトプットメインのレッスンを行なっているので、こちらを参考にして予習しておくようにしましょう。

また、スムーズにレッスンを行う際に、講師の言っていることがわからない時や、オンラインレッスンならではの英会話も覚える必要があるので、以下のテンプレートは丸暗記して覚えておきましょう。

オンライン英会話でよく使われるお助けフレーズ
  • What does that/it mean? (それはどういう意味ですか?)
  • Could you say that again? (もう一度言ってもらえませんか?)
  • Could you speak more slowly? (もう少しゆっくりと話してもらえますか?)
  • How do you spell it? (どのように綴るのですか?)
  • Could you type it in the chat box? (チャットボックスに打ち込んでもらえませんか?)
  • How do you pronounce this word? (この単語は、どのように発音するのですか?

このようなフレーズは英文法がわからなくても全部暗記して、レッスン中に自然と出せる状態にしておけるとベストです。

オンライン英会話で効果的に学習する方法【復習編】

オンライン英会話で効果的に学習する方法【復習編】ここからは、オンライン英会話レッスンで復習時に行うと効果的なポイントをお伝えしていきます。

一つずつ以下を確認していきましょう。

すぐに復習する時間を設ける

先ほどお伝えした「エビングハウスの忘却曲線」にもあったように、人間の記憶は曖昧ですぐに忘れてしまうものです。

そのため、復習するタイミングもできるだけ早く行うのが良いでしょう。

人間の記憶忘却率(1日以内)
  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる

早い段階で繰り返し記憶に定着しておくことで、重要な単語やフレーズなどは深層記憶としてインプットされて、使える英語になっていきます。

復習の際には、レッスン中に分からなかった英単語やフレーズを調べておく(日本語⇄英語、発音)ことが重要で、頭で理解するだけではなく、発話するように心がけましょう。

ただし、全てを完璧に復習するとなるとかなりの時間がかかってしまうと思うので、日常英会話であれば「自分が日常で使うであろう単語やフレーズのみ」に絞って復習を行うのが良いですね。

使わない英語は無理に覚えずに忘れてしまうのも英語学習には必要なことですので、使わないままでも全然OKです。

発話して何度も繰り返し行うこと

発話する練習は家や声を出しても良いところでしかできませんが、英会話をマスターするには避けては通れないので、復習時にしっかり行いましょう。

受験英語のように、読んで書く英語学習だけを行なっていてはいつまで経っても英語を話せるようにはならないので「スピーキングをメイン」としたトレーニングを復習に組み込んでしまうことをオススメします。

英語コーチングスクールでも、習った単語やフレーズ、会話のやりとりを瞬間的に英語としてアウトプットできるようにするトレーニングをかなり行いますので、発話は大事です。

当たり前ですが、発話をすることでその声は自分の耳にも入ってくるので、スピーキングだけでなく、リスニング力を上げる効果があります。

僕も経験上「自分で伝えられる音は聞くこともできる」と思っているので、スピーキングで話せる内容はリスニングでも理解することが可能。

逆に言うと、話せない内容は聞くこともできないので「復習時の発話トレーニング」は非常に重要なトレーニングと言えるでしょう。

最後に:「予習・レッスン・復習」で1セットとしてオンライン英会話に取り組もう

今回は、オンライン英会話レッスンで効果的な予習・復習方法についてまとめてみました。

冒頭から何度もお伝えしていますが、学んだ内容を要領よく学習するには「予習・レッスン・復習」を1セットとして考えて英語学習に励むことが最短で英会話習得に繋がります。

ただし、この1セットの学習に時間をじっくりかけてしまうと継続して行うことも難しいかと思うので、個人的には「予習(15分)・レッスン(25分)・復習(20分)」のトータル1時間で考えておけば無理なく行えるでしょう。

「その時間内でどこまで学習できるか?」に集中することで学べるパフォーマンスも変わってきますので、ぜひこの機会に習慣化していただければ幸いです。

最後に、オススメしたいオンライン英会話スクールをいくつか紹介いたしますので、気になる方は以下の記事を参考にスクール選びをしてくださいね。

あわせて読みたい
スマホで簡単英会話!アプリで学べるオンライン英会話【8選】 この記事では、スマホで簡単に英会話ができて、アプリで学べるオンライン英会話をまとめました。 これまでは、オンライン英会話は...
あわせて読みたい
ビジネス英語が学べるオンライン英会話まとめ【おすすめ8選】 仕事で英語が必要になったり、キャリアアップ目的で英会話を学び始めようと考えている人は多いのではないでしょうか。 ビジネス英...
あわせて読みたい
オススメできるオンライン英会話スクールを紹介【中級・上級者向け】
オススメできるオンライン英会話スクールを紹介【中級・上級者向け】 今回は、英会話「中級者・上級者向け」にオススメできるオンライン英会話スクールをリサーチし各スクールの特徴をまとめてみまし...
ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
当サイトおすすめ!
\ 短期集中で英語を学べる3校 /
プログリット(PROGRIT)
PROGRIT
英語学習のコンサルティングに特化し、専属のコンサルタントが短期間で圧倒的に英語力を伸ばすことが可能。
「質×学習量」をバランスよく取ることができ、徹底したサポートで目標とする英語力到達を最短距離で達成することができる大人気の英語コーチングスクールです。
おすすめ度
開講校舎 有楽町・新橋・新宿・渋谷・赤坂見附・神田秋葉原・池袋・六本木・横浜・名古屋・阪急梅田・西梅田・オンライン

詳細ページ公式サイト

イングリッシュカンパニー
ENGLISH COMPANY
英語力を「時短」で伸ばす科学的に証明された「第二言語習得研究」をベースとしたカリキュラムで、英語習得のパーソナルトレーナーを付けて効果的に英語力強化を目指すことができます。
最短距離で実践的な英語力を伸ばしたい人におすすめです。
おすすめ度
開講校舎 池袋・恵比寿・大宮・神田・銀座・品川・新宿・有楽町・有楽町第2・四谷・六本木・横浜・梅田・神戸・四条烏丸

詳細ページ公式サイト

スパルタ英会話
短期間で集中的に学べる英会話スクールの中で、レッスンが通い放題。
マンツーマンレッスン・コンサルタントが学習サポートをしてくれる&グループレッスンは通い放題なのでアウトプットの量を増やしてコミュニケーション能力を鍛えることができる英会話スクールです。
おすすめ度
開講校舎 新宿御苑・自由が丘・銀座・梅田

詳細ページ公式サイト