オンライン英会話

ネイティブキャンプでTOEIC対策をしてみた!【効果はあるのか?】

ネイティブキャンプでTOEIC対策をしてみた!【効果はあるのか?】
オンライン英会話で有名な「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」では、TOEIC対策ができるって聞いたけど、どんなレッスンをしてくれるのかな?
ショーン
ショーン
こんにちは!これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、ネイティブキャンプの受講生として英語学習をしています。

今回は、リーズナブルな料金でレッスン受け放題のプランを提供しているオンライン英会話「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」のTOEIC対策コースについて記事でまとめていきます。

ネイティブキャンプは、月額6,480円で100ヶ国以上の講師とレッスンすることができる大人気のオンライン英会話ですが「ネイティブキャンプのTOEIC対策コースは効果的かどうか?」気になる方もいらっしゃることだと思います。

僕自身も現在ネイティブキャンプの会員で、英会話レッスンを受講していますがTOEICのハイスコアを取得したいと思っているので、TOEIC対策の教材を使いたまにレッスンを受けています。

TOEICスコアは就職・転職活動をはじめ、英語学習をしている方であればしっかりとスコア取得しておいた方が何かと役に立つ英語資格です。

そこでこの記事では「ネイティブキャンプのTOEIC対策」をテーマに使える教材やレッスン内容を詳しくお伝えしていきます。

ネイティブキャンプを検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてスクール選びをしてくださいね!

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

Native Camp(ネイティブキャンプ)のTOEIC教材について

Native Camp(ネイティブキャンプ)のTOEIC教材についてまずここでは、ネイティブキャンプが提供している「TOEIC教材」について使える種類をお伝えしていきます。

ネイティブキャンプでは、英語レベル・年代別に使用できる教材が多数用意されており、TOEIC対策だけでなく、日常英会話・ビジネス・発音・キッズ向けなどから好きなものを選べます。

そして、ネイティブキャンプのTOEIC対策で使える教材は主に以下の2つで「600点対策」「800点対策」に分かれます。 ネイティブキャンプオンライン英会話レッスンがメインになるので、リーディング教材は扱っておらず、リスニングパートで出題される「パート1~4」に対しても問題が用意されています。

そして、パート1~4の1セットが×3つ用意されているという形です。

少しわかりづらいかもしれませんが、簡単に言うと「パート1の設問セットが3つ」「パート2の設問セットが3つ…」という感じですので、かなりボリューム多めです。

また、少し補足になりますが、ネイティブキャンプでは毎レッスン好きなテーマ・ジャンルから選択できることに加えて「レッスン受け放題」ですので、TOEIC対策だけにこだわらずに「たまには日常英会話」「休日はフリートーク」なんて使い方も可能です。

実際に僕も1ヶ月の中で「日常英会話・ビジネス英会話・TOEIC対策」をサイクルとして学習しています。

特定の期間でのTOEICスコアアップを目標していないのであれば、学習テーマを変えることで継続して受講できるのでこのやり方は1つおすすめです。

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策をするメリット

Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策をするメリットネイティブキャンプではレベル別で用意している2種類のTOEIC対策教材を使ってレッスンを進めていきますが、実際にどんな効果があるのでしょうか?

TOEICのスコアアップをするのはもちろんネイティブキャンプでは、英会話力(リスニング・スピーキング力)も総合的にTOEIC教材を使いトレーニングすることができます。

以下で、ネイティブキャンプのTOEIC対策を受けるメリットとして3つ書き出したので1つずつ確認していきましょう!

3つのメリット
  1. スコアアップに直結するレッスンが行える
  2. 実践で使えるリスニング力が身に付く
  3. 実践で使えるリスニング力が身に付く

1. スコアアップに直結するレッスン

ネイティブキャンプのTOEIC対策コースでは、本番の設問と同じ形式でクオリティの高い問題を使用。

そのため、スコアアップのために効率的な学習が可能です。

本番試験と変わらない録音されたネイティブ音声を聞くことで、ご自身のTOEICスコア取得に直結したレッスンが行えます。

2. 実践で使えるリスニング力が身に付く

パート別のレッスンでは、1つの設問に対して何度も繰り返しリスニングしたり、早いスピード・遅いスピードで音声を聞くことでリスニング力が身に付きます。

本来、自己学習でシャドーイングのような学習方法を使い行うトレーニングをレッスンの中で行ってくれるので、しっかりと復習することも可能。

聞き取れない点はチャットボックスでアドバイスしてくれたり、学習方法に関しても必要であればレクチャーしてくれます。

3. 実践で使えるスピーキング力が身に付く

レッスン時に対策するパートはリスニングがメインになりますが、設問を音読するトレーニングも用意されています。

また、TOEICテストはビジネス英会話がメインになるので社会人の方にとっては、職場で使えるフレーズや英文をレッスン中に学ぶことができるかもしれません。

そのため、TOEICでのスコアアップを目指しながら、スピーキング力も同時にトレーニングできる一石二鳥の教材ですね。

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策をしてみた【レッスンレビュー】

Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策をしてみた【レッスンレビュー】ここからは、ネイティブキャンプの会員である僕が「TOEIC対策コース」を選択しレッスンを受講してみたので、その内容を簡単にお伝えしていきます。

受講するパートによって学習方法が変わってくるので、それぞれの方法を見たい場合はぜひネイティブキャンプの無料体験で理解してみてくださいね。

今回、僕が受講した問題は「TOEICパート4」で以下の学習方法に沿って行ったので簡単に学習の手順をお伝えします。

ちなみにTOEICテストのパート4とは「1人の話し手によるトークを聞き各設問について最も適切な選択肢を選ぶ問題」になります。

パート4の学習手順
Step1 TOEICパート4の問題を普通に解き答え合わせをする
Step2 穴あき文章が出題されるので聞き取り、
問題文の中で重要な箇所・聞き取りの難しい箇所があるかを確認。
Step3 知らない単語・表現があるなど聞き取れない原因を明確にし
講師からのアドバイスをもらいます。
Step4 高速音声で全文を確認し内容を理解。その後、
音声をスロー(通常の速度)で聞き細部まで聞き取る感覚を養う。

今回、日本人の経験豊富な講師からレッスンを受けてみましたが結論から言うと「かなり良かった」です!

NativecampのTOEICレッスン講師の方は長年TOEIC学習指導に長年携わっていることもあり、パート別の攻略法や傾向などもよく知っていて問題に対する解説もスムーズでわかりやすかったのが印象的でした。

通常のTOEIC対策専門塾にいるベテラン講師レベルのかたがオンラインで気軽にレッスンしてくれるのはかなり効果的です。

レッスン内でのやりとりを少しだけ紹介するので以下を見てみましょう。

TOEICパート4の問題を解き終わり…

ショーン
ショーン
全体の内容は聞き取れている感じはありますが、完璧には理解できてなく回答もそこまで自信がありません。どうすれば良いですか?
講師
講師
ショーンさんが聞き取れていない部分は「前置詞や冠詞」の部分なのでリスニングの大枠を理解するにはそこまで重要ではありません。

ただ、学んでおく必要はあるので「句動詞を覚える」ことは1つ大事かもしれませんね。

ショーン
ショーン
句動詞とは何ですか?
講師
講師
例えば「wear」は着るという動詞ですが同じく「put on」も着ると言う意味になります。このように動詞+前置詞が組み合わさったのが句動詞です。

全てではありませんが、前置詞は動詞とセットになっている場合があるのでTOEICで頻出の句動詞を学習することでリスニング時にも迷わずに理解できる部分が増えてきます。

ショーン
ショーン
なるほど、学習してみます!

このような形で、レッスン時間は25分と言うこともあり、さまざまな問題を解くことはできませんでしたが、僕が苦手分野としていたパート4のリスニングを通じ「なぜ苦手だと感じていたのか?」理解できました。

ネイティブキャンプでは、このようにTOEICのことを熟知していて学習方法まで教えることのできる講師が多数在籍しています。

また、日本人講師が多く在籍しているという点でも講師選択が広く自由にしやすいスクールですね。

今回は、日本人講師とのレッスン受講でしたがその他外国人講師からも次回受けてみようと思います。

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策をしている方々の口コミ

Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策をしている方々の口コミここでは、実際にネイティブキャンプでTOEIC対策をしている方々の口コミを集めてみました。

※たくさん口コミが見つかったのでここでは一部抜粋でお伝えいたします。

ショーン
ショーン
この受講生の方も僕と同じくTOEIC対策の他にデイリーニュースという教材を並行して使っていますね。どちらもリスニングスキルを高められるのでおすすめです。

ショーン
ショーン
ネイティブキャンプではスピーキング力を徹底的に伸ばす「カランメソッド」というものも提供しておりおすすめです。TOEIC学習との互換性も高いですね。

ショーン
ショーン
シャドーイングはリスニング力を高める効果的な学習方法です。レッスン時に質問すれば講師が詳しく教えてくれます。

その他、ネイティブキャンプでTOEIC対策をしている受講生は多くいらっしゃいました。

ネイティブキャンプの良いところは、ただ教材に沿ったレッスンをするだけでなく、僕が今回受講したように「日本人講師」ともレッスンができ、深く知りたい内容に関しては日本語でも聞くことができるという点です。

また、他教材も並行して使うことで一見遠回りにも感じるかもしれませんが、例えばビジネス英会話の教材学んだテーマがTOEICの問題で出題されることもよくあるのでおすすめですね。

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

最後に:Native Camp(ネイティブキャンプ)でTOEIC対策を行うのはかなり効果的!まずは体験受講して使ってみましょう!

今回は、ネイティブキャンプのTOEIC対策に関して「使用できる教材」をはじめ「レッスン受講のレビュー」をまとめてみました。

個人的には、TOEIC対策を行う際は「日本語が通じる講師の方」が良くTOEICのことを知っていると感じたのでおすすめです。

TOEIC自体はもともとアジア圏で使われている英語力測定テストになるので、日本人以外では「フィリピン人講師」からレッスンを受けるのが良いでしょう。多くのフィリピン人講師はTOEICテストを受験したことがあり、指導力も十分にあります。

ネイティブキャンプでは「7日間の無料体験レッスン」が受講可能です。無料期間でもTOEIC対策コースで専用の教材を使うことができるのでまずは試してみましょう!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

その他、ネイティブキャンプに関する記事はこちらを参考にしてください!

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話を比較!
関連記事